不動産売却における媒介契約とは?その種類やメリット・デメリットを解説!

不動産売却における媒介契約とは?その種類やメリット・デメリットを解説!

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼する場合が多いのではないでしょうか。
その場合、不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。
この記事では、不動産売却における媒介契約とは何か、その種類やそれぞれのメリット・デメリット、注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却のための媒介契約の種類とは?

媒介契約とは、不動産の売却活動をおこなう条件や、成約した際の報酬金額はどなどを定めた契約で、売主と仲介する不動産会社との間で結ばれます。
この契約には3種類あります。
1つ目は一般媒介契約で、これは同時に複数の不動産会社と契約できるものです。
契約期間には規定がなく、仲介なしで物件を販売することもできます。
2つ目は専任媒介契約で、これは1社のみとしか契約できません。
最長3か月の契約期間で、一般媒介契約と同様、不動産会社を介さずに物件を販売できます。
3つ目は専属専任媒介契約で、こちらも1社のみとしか契約できません。
契約期間は最長3か月ですが、自分で買い手を探すことはできず不動産会社を介さなければ売却できません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の媒介契約のメリットとデメリット

前述の3種類の媒介契約ですが、それぞれメリットとデメリットがあります。
まず一般媒介契約は、複数社へ仲介依頼を依頼するので、幅広く買い手にアピールでき不動産会社間の競争意識により、営業活動が活発になることもありす。
その反面、会社側は自社で売却できるとは限らないため、販売活動を積極的におこなわない可能性もあります。
次に専任媒介契約は、広告費用をかけるなど販売活動を積極的におこなってもらいやすいです。
しかし1社のみにしか依頼できないため、売却が不動産会社の実力によって左右されてしまう面があります。
また専属専任媒介契約は、3種類の媒介契約のなかでもっとも報告頻度が高く、売主は販売状況を把握しやすいです。
ただし、自分で買い手を探して売却できないのはデメリットでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における媒介契約の注意点とは?

ここでは、媒介契約を結ぶ際の注意点や、不動産売却を成功させるために必要なことをご紹介します。
一般媒介契約での注意点は、まず内見や申し込みがバッティングしないよう気を付けることです。
複数社へ依頼すると、複数の購入希望者とやり取りが生じるため、内見日時や購入申し込みの重複を避ける必要があります。
また、広告に載せる情報を統一することも注意点でしょう。
たとえばA社とB社で売却価格が異なると、購入希望者の混乱を招きトラブルになりかねません。
このような事態を避けるためにも、1社のみと契約する専任媒介契約または専属専任媒介契約がおすすめです。
1社のみとの契約なので、ご紹介した注意点を気にする必要がなく、不動産会社も売却に向けてしっかりフォローやサポートをしてくれるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却をおこなう際、多くの方が不動産会社に依頼をすると思います。
その際に結ぶのが媒介契約ですが、これには3種類あってそれぞれにメリット・デメリットがあります。
どの契約にするか迷った場合には、積極的な販売活動が期待できる専属専任媒介契約か専任媒介契約がおすすめです。
神奈川県横浜市で築古の再建築不可物件や貸家などのご売却をお考えであれば、ぜひ一度お問い合わせください。お客様が納得されるサービスを、従業員全員でご提供いたします。


訳あり物件売却相談室


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

045-548-4390

営業時間
09:30~18:00
定休日
土日祝

関連記事

売却査定

お問い合わせ